紫の朱を奪うを悪む

子曰、惡紫之奪朱也、惡鄭聲之亂雅樂也、惡利口之覆邦家者、

子の曰わく、紫の朱を奪うを(くに)悪む。鄭声(ていせい)の雅楽を乱るを悪む。利口の邦家を覆すを悪む。

現代語訳

先生がおっしゃった。紫は間色なのに、正色である朱の地位を奪っているのが憎い。鄭の国の淫らな音楽が、正統な雅楽を乱しているのが憎い。口達者な者が国家をひっくり返すのが憎い。

語句

■紫・朱 服装の色。「紫」は間色で「朱」は正色。それなのに紫のほうがみばえがいいので、地位が高いことをあらわすことになってしまった。という理屈。 ■鄭声 鄭の国の音楽。淫らで低俗。

音声つきメールマガジン
「左大臣の古典・歴史の名場面」配信中

日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。

いつも使っているメールアドレスを下のボックスに入力して、「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。

↓↓↓↓↓↓



≫詳しくはこちら

前の章「巧言令色鮮なし仁」|次の章「天何をか言うや

現代語訳・朗読:左大臣光永


; ?>