鄙夫は与に君に事うべけんや

子曰、鄙夫可與事君也與哉、其未得之也、患得之、既得之、患失之、苟患失之、無所不至矣、

子の曰わく、鄙夫は与(とも)に君に事(つか)うべけんや。其の末だこれを得ざれば、これを得んことを患(うれ)え、既にこれを得れば、これを失わんことを患(うれ)う。荀(いやし)くもこれを失わんことを患うれば、至らざる所なし。

現代語訳

先生がおっしゃった。つまらない男とは一緒に君にお仕えすることはできないよ。そういう者は地位や俸禄をまだ得ていないなら得ようと思い悩み、すでに地位や俸禄を得ているなら、これを失うことを思い悩む。もし失うことを思い悩むなら、どんな非道いことだって、やるだろう。

語句

■鄙夫  つまらない男。知恵・品位の欠けている男。 ■之 地位や俸禄。

音声つきメールマガジン
「左大臣の古典・歴史の名場面」配信中

日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。

いつも使っているメールアドレスを下のボックスに入力して、「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。

↓↓↓↓↓↓



≫詳しくはこちら

現代語訳・朗読:左大臣光永


; ?>