邦君の妻、君これを称して夫人と曰う

邦君之妻、君稱之曰夫人、夫人自稱曰小童、邦人稱之曰君夫人、稱諸異邦、曰寡小君、異邦人稱之、亦曰君夫人、

邦君(ほうくん)の妻、君これを称して夫人(ふじん)と曰う。夫人自ら称して小童(しょうどう)と曰う。邦人(ほうじん)これを称して君夫人(くんぷじん)と曰う。異邦に称して寡小君(かしょうくん)と曰う。異邦の人これを称して亦た君夫人(くんぷじん)と曰う。

現代語訳

国家の君の妻のことは、君はこれを称して夫人という。夫人自らは小童(しょうどう)という。国の人はこれを称して君夫人(くんぷじん)という。異国の人に対しては寡小君(かしょうくん)という。異国の人はこれを称してまた君夫人(くんぷじん)という。

音声つきメールマガジン
「左大臣の古典・歴史の名場面」配信中

日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。

いつも使っているメールアドレスを下のボックスに入力して、「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。

↓↓↓↓↓↓



≫詳しくはこちら

現代語訳・朗読:左大臣光永


; ?>