子冕見ゆ

子冕見、及階、子曰、階也、及席、子曰、席也、皆坐、子告之曰、某在斯、某在斯、師冕出、子張問曰、與師言之道與、子曰、然、固相師之道也、

子冕(しべん)見(まみ)ゆ。階に及べり。子の曰わく、階なり。席に及べり。子の曰わく、席なり。皆な坐す。子これに告げて曰わく、 某(ぼう)は斯(ここ)に在り、某は斯に在り。子冕出ず。子張問いて曰わく、師と言うの道か。子の曰わく、然り。固(もと)より師を相(たす)くるの道なり。

現代語訳

楽師の冕を先生がお迎えした。(楽師は盲目である)冕が階段の所に行くと、先生がおっしゃった。「階段です」席の所に行くと、「席です」。

皆が席についた。先生が子冕に告げておっしゃった。「某はここにおります。某はここです」

冕が帰っていった。

子張が質問した。「あれが楽師と語るときの作法でしょうか」

先生がおっしゃった。「そうだ。昔からの、盲目の楽師を手助けする、作法なのだ」

語句

■子冕 「冕」は楽師の名。楽師は盲目だった。

音声つきメールマガジン
「左大臣の古典・歴史の名場面」配信中

日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。

いつも使っているメールアドレスを下のボックスに入力して、「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。

↓↓↓↓↓↓



≫詳しくはこちら

現代語訳・朗読:左大臣光永


; ?>