顔淵、邦を為めんことを問う

顏淵問爲邦、子曰、行夏之時、乘殷之輅、服周之冕、樂則韶舞、放鄭聲、遠佞人、鄭聲淫、佞人殆、

顔淵、邦を為(おさ)めんことを問う。子の曰わく、夏の時を行い、殷の輅(ろ)に乗り、周の冕(べん)を服し、楽は則ち韶舞(しょうぶ)し、鄭聲(ていせい)を放ちて佞人(ねいじん)を遠ざけよ。鄭聲は淫(いん)に、佞人は殆(あや)うし。

現代語訳

顔淵が、国を治めることについて質問した。先生がおっしゃった。夏の暦を使い、殷の車に乗り、周の冠を用い、楽は舜帝の時代の韶の舞を舞い、鄭の国の音楽は禁止し、こびへつらう者を遠ざけよ。鄭の国の音楽は淫らであり、こびへつらう者は危険だからだ。

語句

■夏の時 夏の暦。春が一年のはじめであり、農事に便利であった。 ■殷の輅  殷の車。木製で頑丈であった。 ■周の冕 「冕」は冠の上に板がついて、板の前後の端から飾りが垂れている。周の時代に完成した。 ■韶舞 舜帝の時代の舞。 ■鄭聲(ていせい)を放つ 「鄭聲」は鄭の国の音楽。淫らであった。「放つ」は禁ずる。 ■佞人 こびへつらう者。

音声つきメールマガジン
「左大臣の古典・歴史の名場面」配信中

日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。

いつも使っているメールアドレスを下のボックスに入力して、「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。

↓↓↓↓↓↓



≫詳しくはこちら

現代語訳・朗読:左大臣光永


; ?>