子貢、仁を為さんことを問う

子貢問爲仁、子曰、工欲善其事、必先利其器、居是邦也、事其大夫之賢者、友其士之仁者、

子貢、仁を為さんことを問う。子の曰わく、工、其の事を善くせんと欲すれば、必らず先ず其の器を利(と)くす。是の邦に居りては、其の大夫の賢者に事(つか)え、其の士の仁者を友とす。

現代語訳

子貢が仁を行うことについて質問した。先生がおっしゃった。職人はその技を磨こうとすれば、必ずその道具を鋭くする。それと同じことで、仁を行う者はある国にあればその国の大夫である賢者に仕え、士である仁者を友とするのだ。

語句

■工 職人。

音声つきメールマガジン
「左大臣の古典・歴史の名場面」配信中

日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。

いつも使っているメールアドレスを下のボックスに入力して、「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。

↓↓↓↓↓↓



≫詳しくはこちら

現代語訳・朗読:左大臣光永


; ?>