臧武仲、防を以て魯に後たらんことを求む

子曰、臧武仲、以防求爲後於魯、雖曰不要君、吾不信也、

子の曰わく、臧武仲、防を以て魯に後たらんことを求む。君を要せずと曰うと雖ども、吾れは信ぜざるなり。

現代語訳

先生がおっしゃった。臧武仲は罪によって魯の国を追われたが、自分の領土「防」に立てこもって、家が断絶されるなら反乱をおこすと匂わせた。君にお願いしたのであって強要したのではないと言っても、私はそんなこと信じない。(君に脅しをかけたのだから、許し難い罪である)

語句

■臧武仲 魯の臣。罪によって魯の国を追われたが、自分の領地「防」に立てこもって、魯の君にわが家が断絶されるなら防で反乱を起こすとにおわせた。『春秋左氏伝』襄公二十三年。 ■防 地名。臧武仲の領地。 ■要す 強要する。

音声つきメールマガジン
「左大臣の古典・歴史の名場面」配信中

日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。

いつも使っているメールアドレスを下のボックスに入力して、「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。

↓↓↓↓↓↓



≫詳しくはこちら

現代語訳・朗読:左大臣光永


; ?>