これを愛して能く労すること勿からんや

子曰、愛之能勿勞乎、忠焉能勿誨乎、

子の曰わく、これを愛して能く労すること勿からんや。忠にして能く誨(おし)うること勿からんや。

現代語訳

先生がおっしゃった。子供を愛するなら、その子をより立派に成長させるため、苦労させたいと思わないことがあろうか。君に忠誠を尽くすなら、その治世をより良いものにするため、耳に痛い意見をも言って教えさとさないことが、あるだろうか。

音声つきメールマガジン
「左大臣の古典・歴史の名場面」配信中

日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。

いつも使っているメールアドレスを下のボックスに入力して、「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。

↓↓↓↓↓↓



≫詳しくはこちら

現代語訳・朗読:左大臣光永


; ?>