切切偲偲、怡怡如たる

子路問曰、何如斯可謂之士矣、子曰、切切偲偲、怡怡如也、可謂士矣、朋友切切偲偲、兄弟怡怡、

子路問いて曰わく、何如なるをか斯れを士と謂うべき。子の曰わく、切切偲偲(せつせつしし)、怡怡如(いいじょ)たる、士と謂うべし。朋友には切切偲偲(せつせつしし)、兄弟(けいてい)には怡怡如(いいじょ)たり。

現代語訳

子路が質問した。どういうふうにふるまえば、これを士といいますか。先生がおっしゃった。誠意をつくし、つとめ励まし、にこやかに和らぐことだ。こういう者は士といえる。ただし相手による。友人には誠意をつくして、つとめ励まし、兄弟にはにこやかに和らぐことだ。

語句

■切切 誠意をつくす。 ■偲偲 つとめ励ます。 ■怡怡如 にこやかに和らぐ。

音声つきメールマガジン
「左大臣の古典・歴史の名場面」配信中

日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。

いつも使っているメールアドレスを下のボックスに入力して、「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。

↓↓↓↓↓↓



≫詳しくはこちら

現代語訳・朗読:左大臣光永


; ?>