詩三百を誦し、これに授くるに政を以てして達せず

子曰、誦詩三百、授之以政不達、使於四方、不能專對、雖多亦奚以爲、

子の曰わく、詩三百を誦(しょう)し、これに授くるに政を以てして達せず、四方に使いして専(ひと)り対(こた)うること能(あた)わざれば、多しと雖ども亦た奚(なに)を以て為さん。

現代語訳

先生がおっしゃった。『詩編』三百篇を暗誦していても、これに政治を行わせるとまるでうまくいかず、四方の諸国に使いを任せても一人で対応することができないなら、たとえ三百編もの多くの詩を暗誦していたところで、そんなことは何の役にも立たない。

音声つきメールマガジン
「左大臣の古典・歴史の名場面」配信中

日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。

いつも使っているメールアドレスを下のボックスに入力して、「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。

↓↓↓↓↓↓



≫詳しくはこちら

現代語訳・朗読:左大臣光永


; ?>