これに居りては倦むこと無く、これを行うには忠を以てす

子張問政、子曰、居之無倦、行之以忠、

子張、政を問う。子の曰わく、これに居りては倦むこと無く、これを行うには忠を以てす。

現代語訳

子張が政治の行い方について質問した。先生がおっしゃった。位にある時は倦むことなく、実際に政治を民の上に行うにあたっては、真心をもって行うことだ。

語句

■これに居りて 位については。「これを居(お)きて」と読んで「心に留める」と解することも。

音声つきメールマガジン
「左大臣の古典・歴史の名場面」配信中

日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。

いつも使っているメールアドレスを下のボックスに入力して、「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。

↓↓↓↓↓↓



≫詳しくはこちら

現代語訳・朗読:左大臣光永


; ?>