吾が徒に非ざるなり

季氏富於周公、而求也爲之聚斂而附益之、子曰、非吾徒也、小子鳴鼓而攻之、可也、

季子、周公より富めり。而して求(きゅう)やこれが為めに聚斂(しゅうれん)してこれを附益(ふえき)す。子の曰わく、吾が徒に非ざるなり。小子(しょうし)、鼓(こ)を鳴らしてこれを攻めて可なり。

現代語訳

魯の大夫季子は、魯の君の御先祖であり周王室に尽くした周公よりも富んでいる。(不正な富であるに違いない)ところが冉求は季子のために働き、民に重税を課してさらに税率を増している。先生がおっしゃった。(もはや冉求は)私の仲間では無い。弟子たちよ。鼓を鳴らすように冉求の非を言い立てて、攻めてもよい。

語句

■季子 魯の大夫。 ■周公 旦。周王室に功労があった。武王の弟。儒家が理想的な君主とする人物。 ■求 孔子の門人冉有。名は求。孔門十哲の一人。この時魯季氏に仕えていた。 ■聚斂 重税を課すこと。 ■附益 益し加えること。 ■小子 他の弟子たち。 ■鼓を鳴らして 悪事を言い立てて。

音声つきメールマガジン
「左大臣の古典・歴史の名場面」配信中

日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。

いつも使っているメールアドレスを下のボックスに入力して、「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。

↓↓↓↓↓↓



≫詳しくはこちら

現代語訳・朗読:左大臣光永


; ?>