由や堂に升れり。未だ室に入らざるなり

子曰、由之瑟、奚爲於丘之門、門人不敬子路、子曰、由也升堂矣、未入於室也、

子の曰わく、由の瑟(しつ)、奚為(なんす)れぞ丘の門に於いてせん。門人、子路を敬せず。子の曰わく、由や堂に升れり。未だ室に入らざるなり。

現代語訳

先生がおっしゃった。「子路が弾く瑟の音は本人に似て武骨でギスギスしている。中和を重んじる私のところには、似つかわしくないねえ」門人が先生のこの言葉を聞いて、子路に敬意を抱かなくなった。そこで先生がおっしゃった。「子路は表座敷までは上がっているのだ。奥座敷にまだ入っていないというだけだ。(子路は諸君よりずっと先を行っているのだ。諸君が見下すような者ではない。諸君は子路から諸学ぶところが大いにある)

語句

■瑟 25弦の楽器。 ■堂 表座敷。 ■室 裏座敷。

音声つきメールマガジン
「左大臣の古典・歴史の名場面」配信中

日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。

いつも使っているメールアドレスを下のボックスに入力して、「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。

↓↓↓↓↓↓



≫詳しくはこちら

現代語訳・朗読:左大臣光永


; ?>