未だ生を知らず、焉んぞ死を知らん

季路問事鬼神、子曰、未能事人、焉能事鬼、曰、敢問死、曰、未知生、焉知死、

季路、鬼神に事(つか)えんことを問う。子の曰わく、未だ人に事うること能わず、焉(いずく)んぞ能く鬼(き)に事えん。曰わく、敢えて死を問う。曰わく、未だ生を知らず、焉んぞ死を知らん。

現代語訳

季路が、神や先祖の霊に仕えることについて質問した。先生がおっしゃった。いまだ人に仕えることもできないのに、どうしてよく神や先祖の霊に仕えることができようか。(神や霊に仕えることを考える前に、まず目の前の人に仕えることを思うべきだ)季路が言った。あえて死を問います。先生がおっしゃった。未だ生を知らないのに、どうして死を知れようか。(死のことなんか考える暇があったら、まず目の前の生きることに集中することだ)

語句

■鬼神 神や先祖の霊。

音声つきメールマガジン
「左大臣の古典・歴史の名場面」配信中

日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。

いつも使っているメールアドレスを下のボックスに入力して、「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。

↓↓↓↓↓↓



≫詳しくはこちら

現代語訳・朗読:左大臣光永


; ?>