夫の人の為めに慟するに非ずして、誰が為めにかせん

顏淵死、子哭之慟、從者曰、子慟矣、曰、有慟乎、非夫人之爲慟、而誰爲、

顔淵死す。子これを哭して慟(どう)す。従者の曰わく、子慟せり。曰わく、慟すること有るか。夫(か)の人の為めに慟するに非ずして、誰(た)が為めにかせん。

現代語訳

顔淵が死んだ。先生はその死を嘆いて慟哭された。従者が言った。あの、普段落ち着いている先生が慟哭するなんて。先生がおっしゃった。慟哭していたかね。あの人のために慟哭せずして、誰のために慟哭するというんだ。

音声つきメールマガジン
「左大臣の古典・歴史の名場面」配信中

日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。

いつも使っているメールアドレスを下のボックスに入力して、「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。

↓↓↓↓↓↓



≫詳しくはこちら

現代語訳・朗読:左大臣光永


; ?>