君、命じて召さば

君命召、不俟駕行矣、

君、命じて召さば、駕を俟(ま)たずして行く。

現代語訳

君が命じてお召しになった時は、馬車の用意ができるのも待たずに、徒歩で君のところまで行かれた。

語句

■駕 馬車

音声つきメールマガジン
「左大臣の古典・歴史の名場面」配信中

日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。

いつも使っているメールアドレスを下のボックスに入力して、「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。

↓↓↓↓↓↓



≫詳しくはこちら

前の章「疾あるに」|次の章「大廟に入りて、事ごとに問う

現代語訳・朗読:左大臣光永


; ?>