疾あるに

疾、君視之、東首、加朝服、拖紳、

疾あるに、君これを視(み)れば、東首して朝服を加え、紳を拖(ひ)く。

現代語訳

病の時に君がお見舞いに来られたら、東枕にして正式な出仕する時の朝服を着て、その上に帯を引きしいておく。

語句

■東首 東枕にする。 ■紳 帯。

音声つきメールマガジン
「左大臣の古典・歴史の名場面」配信中

日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。

いつも使っているメールアドレスを下のボックスに入力して、「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。

↓↓↓↓↓↓



≫詳しくはこちら

前の章「君に侍食するに」|次の章「君、命じて召さば

現代語訳・朗読:左大臣光永


; ?>