君、食を賜えば、必ず席を正して先ずこれを嘗(な)む

君賜食、必正席、先嘗之、君賜腥、必熟而薦之、君賜生、必畜之、

君、食を賜えば、必ず席を正して先ずこれを嘗(な)む。君、腥を賜えば、必らず熟してこれを薦む。君、生けるを賜えば、必らずこれを畜(か)う。

現代語訳

君から食物を賜った時は、必ず席を正しくしてこれを食べる。君から生肉を賜った時は、必ず煮てからこれを先祖の霊に薦める。君から生き物を賜った時は、必ずこれを養育する。

語句

■嘗む 食べる。 ■腥 生肉。 ■熟す 煮る。

音声つきメールマガジン
「左大臣の古典・歴史の名場面」配信中

日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。

いつも使っているメールアドレスを下のボックスに入力して、「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。

↓↓↓↓↓↓



≫詳しくはこちら

前の章「廐焚けたり」|次の章「君に侍食するに

現代語訳・朗読:左大臣光永


; ?>