廐焚けたり

【古典・歴史】メールマガジンはこちら

廐焚、子退朝、曰、傷人乎、不問馬、

廐(うまや)焚(や)けたり、子、朝より退きて曰わく、人を傷(そこな)えりや。馬を問わず。

現代語訳

先生の家の厩が焼けた。先生は朝廷から帰ってきてからおっしゃった。人はケガしなかったかい。馬のことはおききにならなかった。

【古典・歴史】メールマガジンはこちら

現代語訳・朗読:左大臣光永


; ?>