ソコナわず求めず

不忮不求、何用不臧、子路終身誦之、子曰、是道也、何足以臧、

忮わず求めず、何を用(もっ)てか臧(よ)かざらん。子路、終身これを誦(しょう)す。子の曰わく、是の道や、何ぞ以て臧しとするに足らん。

現代語訳

「(たとえこっちが貧乏で相手が金持ちでも、相手を羨んで)危害を加えたりせず、また施しを求めもしないなら、どんな良くないことがあろうか(貧しさを気にも止めず心に乱れが無いのだから問題が無いわけだ)」

子路は生涯この詩の文句を口ずさんでいた。そこで先生がおっしゃった。善や徳を行う道が、どうしてそれだけでいいことがあろうか(子路よお前はもっと高みを目指しなさい。よくないことが無い、ではなく積極的に良くあろうとするべきだ)

語句

■忮 相手に害を加える。 ■誦す 口ずさむ。

音声つきメールマガジン
「左大臣の古典・歴史の名場面」配信中

日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。

いつも使っているメールアドレスを下のボックスに入力して、「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。

↓↓↓↓↓↓



≫詳しくはこちら

現代語訳・朗読:左大臣光永


; ?>