逝く者は斯くの如きか

子在川上曰、逝者如斯夫、不舍晝夜、

子、川の上(ほとり)に在りて曰わく、逝(ゆ)く者は斯(か)くの如きか。昼夜を舎(や)めず。

現代語訳

先生が川のほとりにあっておっしゃった。行く者はこの川の流れのようなものか。昼も夜も休むことが無い。

語句

■川の上に在りて… 孔子が不遇な人生を詠嘆している。方丈記の冒頭「ゆく河の流れは絶ずして、しかももとの水にあらず」を思い起こさせる。 ■舎めず 休まない。

音声つきメールマガジン
「左大臣の古典・歴史の名場面」配信中

日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。

いつも使っているメールアドレスを下のボックスに入力して、「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。

↓↓↓↓↓↓



≫詳しくはこちら

現代語訳・朗読:左大臣光永


; ?>