子の疾、病なり

子疾病、子路請祷、子曰、有諸、子路對曰、有之、誄曰、祷爾于上下神祇、子曰、丘之祷久矣、

子の疾(やまい)、病(へい)なり。子路、祷(いの)らんと請う。子の曰わく、諸(こ)れ有りや。子路対(こた)えて曰わく、これ有り、誄(るい)に曰わく、爾を上下の神祇に祷(いの)ると。子の曰わく、丘の祷ること久し。

現代語訳

先生の病気が重くなった。子路は祈りをささげようとして、先生に許可を求めた。先生がおっしゃった。「今祈ることに道理があるか」子路が答えて言うことに「ございます。古のしのびごとに言うことに『汝のことを天の神・地の神に祈る』とございます」先生がおっしゃった。「それなら私は長く祈っている。今更あらためて祈ることも無い」

語句

■病 病が重くなること。 ■祷る 鬼神に祈る。 ■諸れ有りや 祈る道理があるか?と聞いている。 ■誄 しのびごと。人が亡くなった時に、生前の功績をたたえて死を悼む言葉。 ■上下 天地。 ■神祇 「神」は天の神。「祇」は地の神。日本でいう天つ神・国つ神。

音声つきメールマガジン
「左大臣の古典・歴史の名場面」配信中

日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。

いつも使っているメールアドレスを下のボックスに入力して、「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。

↓↓↓↓↓↓



≫詳しくはこちら

現代語訳・朗読:左大臣光永


; ?>