蓋し知らずしてこれを作る者あらん

子曰、蓋有不知而作之者、我無是也、多聞擇其善者而從之、多見而識之、知之次也、

子の曰わく、蓋し知らずしてこれを作る者あらん。我れは是れ無きなり。多く聞きて其の善き者を択(えら)びてこれに従い、多く見てこれを識(しる)すは、知るの次ぎなり。

現代語訳

あるいは古の道理や知識を一切知らずに自分で創作する者もあるかもしれない。だが私はそういう者ではない。古の道理や知識を多く聞いてその中から良いものを選んでこれに従い、良いものも悪いものも多く見て記憶して参考にする。こういうやり方なら、生まれつき道理をわきまえている者には及ばないとしても、その次くらいにはなれるのだ。

語句

■蓋し あるいは。 ■識す 記憶する。

音声つきメールマガジン
「左大臣の古典・歴史の名場面」配信中

日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。

いつも使っているメールアドレスを下のボックスに入力して、「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。

↓↓↓↓↓↓



≫詳しくはこちら

現代語訳・朗読:左大臣光永


; ?>