疏食を飯い水を飲み、肱を曲げてこれを枕とす

子曰、飯疏食飲水、曲肱而枕之、楽亦在其中矣、不義而富且貴、於我如浮雲、

子の曰わく、疏食(そし)を飯(くら)い水を飲み、肱(ひじ)を曲げてこれを枕とす。
楽しみ亦た其の中に在り。不義にして富み且つ貴きは、我れに於いて浮雲の如し。

現代語訳

先生がおっしゃた。
粗末な食事をし、水を飲み、肘を曲げて枕にする。
そんな質素な暮らしの中にも、楽しみはあるのだ。

悪いことをして裕福になり身分が高くなっても、 それは私にとって空に浮かぶ雲のようにはかないものだ。

語句

■疏食 粗末な食事。 ■浮雲 空に浮かぶ雲。定まらないもののたとえ。

音声つきメールマガジン
「左大臣の古典・歴史の名場面」配信中

日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。

いつも使っているメールアドレスを下のボックスに入力して、「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。

↓↓↓↓↓↓



≫詳しくはこちら

現代語訳・朗読:左大臣光永


; ?>