道に志し、徳に依り、

子曰、志於道、據於徳、依於仁、遊於芸、

子の曰わく、
道に志し、徳に拠り、
仁に依り、藝に遊ぶ。

現代語訳

人として正しい道を志し、すぐれた徳を守り、
思いやりの心によりそい、趣味や教養(芸)を楽しむ余裕がある。
(こういう人こそ理想だ)

語句

■道 人として行うべき正しい道。 ■徳 仁義礼智の徳。 ■仁 思いやり。 ■芸 趣味や教養。道や徳や仁が面にあらわれたもの。 ■拠る 執り守る。 ■依る よりそう。

音声つきメールマガジン
「左大臣の古典・歴史の名場面」配信中

日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。

いつも使っているメールアドレスを下のボックスに入力して、「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。

↓↓↓↓↓↓



≫詳しくはこちら

現代語訳・朗読:左大臣光永


; ?>