述べて作らず

子曰、述而不作、信而好古、竊比於我老彭、

子の曰わく、述べて作らず、信じて古えを好む。窃(ひそ)かに我が老彭に比す。

現代語訳

先生がおっしゃった。
「私は昔の人の言動をそのまま伝えているだけで、
自分で何かを創作しているわけではない。

古い時代のことを信じ、好んでいるからね。

こういう自分の姿勢を、ひそかに
古の賢者とも比べているんだよ」

中島敦の小説「李稜」の中で、主人公の一人司馬遷がこの言葉を引用します。

語句

■述べる すでにあることを受け伝えること。 ■作る 新たに創作すること。 ■老彭 ろうほう。殷の時代の賢者の名前?諸説あり。

音声つきメールマガジン
「左大臣の古典・歴史の名場面」配信中

日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。

いつも使っているメールアドレスを下のボックスに入力して、「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。

↓↓↓↓↓↓



≫詳しくはこちら

現代語訳・朗読:左大臣光永


; ?>