井に仁ありと曰うと雖も、其れこれに従わんや

宰我問曰、仁者雖告之曰、井有仁者焉、其從之也、子曰、何爲其然也、君子可逝也、不可陥也、可欺也、不可罔也、

宰我、問うて曰わく、仁者はこれに告げて、井(せい)に仁ありと曰(い)うと雖も、其れこれに従わんや。子の曰わく、なんすれぞ其れ然らん。君子は逝(ゆ)かしむべきも、陥るべからざるなり。欺くべきも、罔(し)うべからざるなり。

現代語訳

宰我が質問して言うことに、仁者に告げて、井戸に人が落ちているとウソをついたとしても、仁者はこれに従うのですか。(そんなウソにもバカ正直に従うなら仁者とはくだらないものです)先生がおっしゃった。どうしてそんなことになるだろう。君子を井戸まで行かせることはできても、井戸を覗けば人が落ちているかどうかなんて、すぐにわかることだから、井戸に落とし込むことはできない。道理のあることで君子を欺くことはできても、道理の無いことで君子を騙すことはできないよ。(だから、やっぱり仁者はいいものだ)

語句

■仁 ここでは「人」と見る。 ■陥 (井戸の中へ)落とし込む。 ■欺く 道理のあることで欺く。 ■罔う 道理の無いことで騙す。

音声つきメールマガジン
「左大臣の古典・歴史の名場面」配信中

日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。

いつも使っているメールアドレスを下のボックスに入力して、「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。

↓↓↓↓↓↓



≫詳しくはこちら

現代語訳・朗読:左大臣光永


; ?>