回や其の心三月仁に違わず

子曰、回也、其心三月不違仁、其餘則日月至焉而已矣、

子の曰わく、回や其の心三月(さんがつ)仁に違(たが)わず。其の余は則ち日に月に至るのみ。

現代語訳

先生がおっしゃった。顔回は心が三月もの長きにわたって仁から離れない。他の者は日に一度や月に一度、心が仁に至るだけである。

語句

■回 孔子の愛弟子顔淵。 ■其の余 顔回以外の門人。

音声つきメールマガジン
「左大臣の古典・歴史の名場面」配信中

日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。

いつも使っているメールアドレスを下のボックスに入力して、「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。

↓↓↓↓↓↓



≫詳しくはこちら

前の章「子、仲弓を謂いて曰わく」|次の章「季康子、問う

現代語訳・朗読:左大臣光永


; ?>