顔回なる者あり、学を好む

哀公問、弟子孰爲好學、孔子對曰、有顔回者好學、不遷怒、不貳過、不幸短命死矣、今也則亡、未聞好學者也、

哀公問う、弟子、孰(たれ)が学を好むと為す。孔子対(こた)えて曰わく、顔回なる者あり、学を好む。怒りを遷(うつ)さず、過ちを弐(ふた)たびせず。不幸、短命にして死せり。今や即ち亡し。未だ学を好む者を聞かざるなり。

現代語訳

哀公が質問された。お弟子さんの中で、誰が(人格修養の)学問を好みますか。孔子が答えておっしゃることに、顔回なる者がありました。学門を好みました。怒りにまかせた八つ当たりはせず、過ちは二度と繰り返しませんでした。不幸にも短命で死にました。今や顔回はいません。私は顔回ほど学問を好む者を、いまだ聞いたことがありません。

語句

■哀公 魯の君。■顔回 孔子の愛弟子顔淵。■怒りを遷す 腹立ちまぎれに怒りちらすこと。 ■短命 顔回は32歳で死んだとも41歳でとも。

音声つきメールマガジン
「左大臣の古典・歴史の名場面」配信中

日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。

いつも使っているメールアドレスを下のボックスに入力して、「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。

↓↓↓↓↓↓



≫詳しくはこちら

現代語訳・朗読:左大臣光永


; ?>