臧文仲(ぞうぶんちゅう)、蔡を居く

子曰、臧文仲、居蔡山節藻梲、何如其知也、

子の曰わく、臧文仲(ぞうぶんちゅう)、蔡(さい)を居(お)く。節を山にし梲(せつ)を藻にす、何如ぞ其れ知ならん。

現代語訳

臧文仲は知者と評判だが、占いに使う亀を貯え、亀をおさめる部屋の柱の上の枡形には山を彫刻し、梁の上の短い柱(つかばしら)には藻を彫刻している。このように鬼神をあがめているのだ。どうして知者といえようか。

語句

■臧文仲 魯の大夫。名は辰。当時知者といわれていた。■蔡 占いに使う亀。 ■居く 貯える。 ■節 柱の上部の枡形。 ■梲(せつ) 梁の上の短い柱。 ■

音声つきメールマガジン
「左大臣の古典・歴史の名場面」配信中

日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。

いつも使っているメールアドレスを下のボックスに入力して、「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。

↓↓↓↓↓↓



≫詳しくはこちら

前の章「晏平仲、善く人と交わる」|次の章「子文、崔子

現代語訳・朗読:左大臣光永


; ?>