女(なんじ)は器なり

子貢問曰、賜也何如、子曰、女器也、曰、何器也、曰、瑚璉也、

子貢、問うて曰わく、
賜や如何。

子の曰わく、女(なんじ)は器(うつわ)なり。
曰わく、何の器ぞや。

曰わく、瑚璉(これん)なり。

現代語訳

子貢が質問して言った。
「私は(先生の目から見て)
いかがでしょうか?」

先生はおっしゃった。
「お前は器だ」

「何の器でしょうか?」

「宗廟の供物を盛る瑚璉の器だ。
どこに出しても恥ずかしく無い」

語句

■瑚璉 宗廟の供物を盛る瑚璉の器。器物のうち、貴重で華美なもの。 ■賜 子貢の名。

音声つきメールマガジン
「左大臣の古典・歴史の名場面」配信中

日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。

いつも使っているメールアドレスを下のボックスに入力して、「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。

↓↓↓↓↓↓



≫詳しくはこちら

現代語訳・朗読:左大臣光永


; ?>