子、韶を謂わく

子謂韶、盡美矣、又盡善也、謂武、盡美矣、未盡善也、

子、韶(しょう)を謂(のたま)わく、美を尽くせり、又た善を尽くせり。武を謂わく、美を尽くせり、未だ善を尽くさず。

現代語訳

先生が、舜の音楽である韶を評しておっしゃった。「美を尽くしているし、善を尽くしている」(先生がこうおっしゃったのは、舜は先代の尭から平和的に位を譲られたからである)

武王の音楽である武を評しておっしゃった。「美を尽くしているが、善を尽くしてはいない」(先生がこうおっしゃったのは、武王は殷の紂王を滅ぼして位についたからである)

語句

■韶(しょう) 尭から位を譲り受けた舜の音楽。 ■武 周の武王の音楽。武王は殷の紂王を征伐した。

音声つきメールマガジン
「左大臣の古典・歴史の名場面」配信中

日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。

いつも使っているメールアドレスを下のボックスに入力して、「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。

↓↓↓↓↓↓



≫詳しくはこちら

現代語訳・朗読:左大臣光永


; ?>