子、魯の大師に楽を語りて曰わく

子語魯大師樂曰、樂其可知也、始作翕如也、從之純如也、皦如也、繹如也以成、

子、魯の大師(たいし)に楽を語りて曰わく、楽は其れ知るべきのみ。始めて作(おこ)すに翕如(きゅうじょ)たり。これを従(はな)ちて純如(じゅんじょ)たり、皦如(きゅうじょ)たり、繹如(えきじょ)たり。以て成る。

現代語訳

先生が魯の音楽長に音楽についておっしゃった。「音楽はわかりやすいですね。演奏のしはじめは音が盛んであり?本格的に演奏が始まると各楽器がよく調和し、音がはっきりしてきて、そのまま続いていき、そして一節が終わります」

語句

■魯の大師 魯の音楽長。 ■知るべし わかりやすい。 ■始めて作(おこ)す 演奏をはじめる。 ■翕如(きゅうじょ) 意味不明。盛んであること? ■従つ 本格的に演奏が始まること。 ■純如(じゅんじょ) 各楽器が調和していること。 ■皦如(きゅうじょ)たり はっきりしていること。 ■繹如(えきじょ)たり ずっと続くこと。

音声つきメールマガジン
「左大臣の古典・歴史の名場面」配信中

日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。

いつも使っているメールアドレスを下のボックスに入力して、「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。

↓↓↓↓↓↓



≫詳しくはこちら

現代語訳・朗読:左大臣光永


; ?>