邦君の妻、君これを称して夫人と曰う

邦君之妻、君稱之曰夫人、夫人自稱曰小童、邦人稱之曰君夫人、稱諸異邦、曰寡小君、異邦人稱之、亦曰君夫人、

邦君(ほうくん)の妻、君これを称して夫人(ふじん)と曰う。夫人自ら称して小童(しょうどう)と曰う。邦人(ほうじん)これを称して君夫人(くんぷじん)と曰う。異邦に称して寡小君(かしょうくん)と曰う。異邦の人これを称して亦た君夫人(くんぷじん)と曰う。

現代語訳

国家の君の妻のことは、君はこれを称して夫人という。夫人自らは小童(しょうどう)という。国の人はこれを称して君夫人(くんぷじん)という。異国の人に対しては寡小君(かしょうくん)という。異国の人はこれを称してまた君夫人(くんぷじん)という。

前の章「子も亦た異聞ありや」|次の章「陽貨、孔子を見んと欲す

現代語訳・朗読:左大臣光永