子も亦た異聞ありや

陳亢問於伯魚曰、子亦有異聞乎、對曰、未也、嘗獨立、鯉趨而過庭、曰、學詩乎、對曰、未也、不學詩、無以言、鯉退而學詩、他日又獨立、鯉趨而過庭、曰、學禮乎、對曰、未也、不學禮、無以立、鯉退而學禮、聞斯二者、陳亢退而喜曰、問一得三、聞詩聞禮、又聞君子之遠其子也、

陳亢(ちんこう)、伯魚(はくぎょ)に問うて曰わく、子(し)も亦た異聞ありや。対(こた)えて曰わく、未だし。嘗て独り立てり。鯉(り)趨(はし)りて庭を過ぐ。曰わく、詩を学びたりや。対えて曰わく、未だし。詩を学ばずんば、以て言うこと無し。鯉退きて詩を学ぶ。他日亦独り立てり。鯉趨(はし)りて庭を過ぐ。曰わく、礼を学びたりや。対えて曰わく、未だし。礼を学ばずんば、以て立つこと無し。鯉退きて礼を学ぶ。斯(こ)の二者を聞けり。陳亢退きて喜びて 曰わく、一を問いて三を得たり。詩を聞き、礼を聞き、又た君子の其の子を遠ざくるを聞く。

現代語訳

陳亢が孔子の息子伯魚に質問して言った。「あなたは先生の息子さんですから、何か特別な教えでも受けましたか」

答えて言った。「別段、特別な教えは受けていません。かつて父が一人で立っておられました。鯉はその前を小股に走って庭を通り過ぎました。父がおっしゃいました。『詩を学んだか』と。それで答えて言いました。『未だ詩を学んでいません』と。『詩を学ばなければ、うまく言葉が出てこないので、話すことができない』そこで鯉は退いて詩を学びました」

別の日にまた父が一人で立っておられました。鯉は小俣でその前を走って庭を通り過ぎました。父がおっしゃいました。『礼を学んだか』と。答えて言いました。『未だ礼を学んでいません』と。『礼を学ばないでは、一人前に立つことができない』そこで鯉は退いて礼を学びました。この二つのことを聞きました」

陳亢が退いて喜んで言った。

「一つの質問をして、三つも得るものがあった。詩を学ぶべきことを聞き、礼を学ぶべきことを聞き、君子がその子を遠ざけてけして特別扱いしないことを聞いた」

語句

■陳亢 陳子禽。孔子の門人。一説には子貢の門人。姓は陳。名は亢(こう)。学而第一・十章に登場。 ■伯魚 孔子の子。名は鯉(り)。 ■異聞 特別な教えを受けたということ。 ■趨る 小股に走ること。貴人の前を通る時の礼。

前の章「誠に富を以てせず、亦た祇に異を以てす」|次の章「邦君の妻、君これを称して夫人と曰う

現代語訳・朗読:左大臣光永