誰をか毀り誰をか誉めん

子曰、吾之於人也、誰毀誰譽、如有所譽者、其有所試矣、斯民也、三代之所以直道而行也、

子の曰わく、吾れの人に於けるや、誰(たれ)をか毀(そし)り誰をか誉めん。如(も)し誉むる所の者あらば、其れ試みる所あり。斯(こ)の民や、三代の直道にして行う所以(ゆえん)なり。

現代語訳

先生がおっしゃった。私は人に対して誰をけなしたり、誉めたりしようか。私は誰もけなしたり、誉めたりしない。もし私が人を誉めるとしたら、実際に試みて、確認してからのことだ。今の世の民は、夏・殷・周の三代の盛んな時代の民のように、まっすぐだ。だから私は軽々しくけなしたり、誉めたりしないのだ。

語句

■三代 夏・殷・周の三代。

前の章「」|次の章「吾れは猶お史の文を闕き…

現代語訳・朗読:左大臣光永