子貢問曰、有一言而可以終身行之者乎、子曰、其恕乎、己所不欲、勿施於人也、

子貢問うて曰く、
一言にして以て終身これを行なうべき者ありや。
子の曰わく、
其れ恕か。己の欲せざる所、人に施すこと勿かれ。

現代語訳

子貢が質問した。
「一生涯行うべきことを一言でいうと、何でしょうか」

先生がおっしゃった。
「それゃあ【思いやり】だよ。自分がされてイヤなことは、
人にしないことだ」

前の章「君子は言を以て人を挙げず」|次の章「誰をか毀り誰をか誉めん

現代語訳・朗読:左大臣光永