キョ伯玉、人を孔子に使いせしむ

蘧伯玉使人於孔子、孔子與之坐而問焉、曰、夫子何爲、對曰、夫子欲寡其過而未能也、使者出、子曰、使乎使乎、

蘧伯玉(きょはくぎょく)、人を孔子に使いせしむ。孔子これに坐を与えて問いて曰わく、夫子何をか為す。対(こた)えて曰わく、夫子は其の過(あやま)ち寡(すく)なからんことを欲して、未だ能(あた)はざるなり。使者出ず。子の曰わく、使いなるかな、使いなるかな。

現代語訳

衛の大夫蘧伯玉が、人を孔子に使いさせた。孔子はその使に坐を与え、質問してたずねられた。「あの方はどうしていますか」

使者が答えて言った。「あの方はその過ちを少なくしようとなさって、いまだできずにおられます」

孔子がおっしゃった。「立派な使いだね。立派な使いだね」

孔子は使いの謙遜な態度によって、主君の徳の高さがいよいよ際立つことを感心されたのである。

語句

■蘧伯玉 衛の大夫。名はエン。 ■夫子 蘧伯玉を指す。

前の章「古えの学者は己れの為めにし、今の学者は人の為めにす」|次の章「其の位に在らざれば、其の政を謀らず

現代語訳・朗読:左大臣光永