苟くも其の身を正しくせば、政に従うに於いてか何か有らん

子曰、苟正其身矣、於從政乎何有、不能正其身、如正人何、

子の曰わく、苟くも其の身を正しくせば、政に従うに於いてか何か有らん。其の身を正しくすること能わざれば、人を正しくすることを如何せん。

現代語訳

先生がおっしゃった。もしその身を正しくすれば、政治を行って国を治めるくらい、何でもないことだ。その身を正しくすることが出来なければ、人を正しくすることなど、とうてい無理である。

語句

■政に従う 政治を行って国を治める。

前の章「如し王者あるも、必らず世にして後に仁ならん」|次の章「冉子、朝より退く

現代語訳・朗読:左大臣光永