如し王者あるも、必らず世にして後に仁ならん

子曰、如有王者、必世而後仁、

子の曰わく、如(も)し王者あるも、必らず世にして後に仁ならん。

現代語訳

先生がおっしゃった。もし聖人の徳を備え世を総べるべく天命を受けた王者があらわれても、その徳があまねく人民に浸透し世の中が仁で満たされるのは、三十年後のことになる。

語句

■王者 聖人の徳を備え、世を統治すべく天命を受けた者。 ■世 三十年。

前の章「善人、邦を為むること百年、亦た以て残に勝ちて殺を去るべし」|次の章「苟くも其の身を正しくせば、政に従うに於いてか何か有らん

現代語訳・朗読:左大臣光永