樊遅、稼を学ばんと請う

樊遅請學稼、子曰、吾不如老農、請學爲圃、曰、吾不如老圃、樊遅出、子曰、小人哉、樊須也、上好禮、則民莫敢不敬、上好義、則民莫敢不服、上好信、則民莫敢不用情、夫如是、則四方之民、襁負其子而至矣、焉用稼、

樊遅、稼(か)を学ばんと請う。子の曰わく、吾れ老農に如かず。圃(ほ)を為ることを学ばんと請う。曰わく、吾れは老圃(ろうほ)に如かず。樊遅出ず。子の曰わく、小人なるかな、樊須や。上(かみ)礼を好めば、則ち民は敢えて敬せざること莫(な)し。上義を好めば、則ち民は敢えて服せざること莫し。上信を好めば、則ち民は敢えて情を用いざること莫し。夫れ是(か)くの如くんば、則ち四方の民は其の子を襁負して至らん。焉ぞ稼を用いん。

現代語訳

樊遅が穀物を栽培することを学びたいと願った。先生がおっしゃった。「私は穀物を栽培することにおいては年老いた経験豊かな農民には及ばない」

また樊遅が野菜を栽培したいと願った。

先生がおっしゃった。「私は野菜の栽培においては年老いた経験豊かな畑づくりには及ばない」

樊遅は退出した。

先生がおっしゃった。「小人だねえ樊須は。上が礼を好めば、民は上を敬さないことがあろうか。上が正しいことを好めば、民は服従しないことがあろうか。上が真心を好めば、民は情け深くならないことがあろうか。このようになれば、四方の民はその子を背負って自然にやってくるだろう。このように上に立つ者はその徳によって人民を感化すべきなのであって、どうして穀物の栽培をする必要があるだろう」

語句

■稼 穀物を栽培すること。 ■老農 経験豊富な置いた農民。 ■圃 野菜づくり。 ■老圃 経験豊富な年老いた畑づくり。 ■樊須 樊遅のこと。須は名。 ■襁負 背負うこと。

前の章「必ずや名を正さんか」|次の章「詩三百を誦し、これに授くるに政を以てして達せず

現代語訳・朗読:左大臣光永