必らずや訴え無からしめんか

子曰、聽訟、吾猶人也、必也使無訟乎、

子の曰わく、訟えを聴くは、吾れ猶お人の如きなり。必らずや訴え無からしめんか。

現代語訳

先生がおっしゃった。訴訟を聴いて判決を下すことについては私は他の人とそう変わらない。しかし、私が違うのは根本を改善することだ。私なら民の暮らしを改善して不満をなくし、訴訟そのものを無くしてしまう。

前の章「片言以て獄えを折むべき者は」|次の章「これに居りては倦むこと無く、これを行うには忠を以てす

現代語訳・朗読:左大臣光永