人と恭しくして礼あらば、死海の内は皆な兄弟たり

司馬牛憂曰、人皆有兄弟、我獨亡、子夏曰、商聞之矣、死生有命、富貴在天、君子敬而無失、與人恭而有禮、四海之内、皆兄弟也、君子何患乎無兄弟也、

司馬牛、憂えて曰わく、人皆な兄弟(けいてい)あり、我れ独り亡し。子夏が曰わく、商これを聞く、死生 命あり、富貴 天に在り。君子は敬して失なく、人と恭しくして礼あらば、死海の内は皆な兄弟たり。君子何ぞ兄弟なきを患(うれ)えんや。

現代語訳

司馬牛が心配しながら言った。「人には誰も兄弟があります。しかし私の兄桓タイは乱暴者で、どうしようもない無法者です。これを兄弟とはよべません。世に私だけは兄弟が無いのです」

子夏が言った。「商はこういうことを聞いたことがあります。『人生き死には天命であり、富貴も天命だ』と。あなたの兄上のことも天命ですから、どうこう言ってもはじまりません。君子は相手を敬って礼を欠けることがなく、人と恭しく接して礼を失わずにいれば、四方の海で囲まれた全世界の人が兄弟として接してくれます。君子たるものが、どうして兄弟が無いなどといって心配することがありましょう」

語句

■司馬牛 孔子の門人。兄の桓タイは乱暴者で、かつて孔子を殺そうとした。

前の章「君子は憂えず、懼れず」|次の章「子張、明を問う

現代語訳・朗読:左大臣光永