子張、善人の道を問う

張問善人之道、子曰、不踐迹、亦不入於室、

子張、善人の道を問う。子の曰わく、迹(あと)を踐(ふ)まず、亦た室に入らず。

現代語訳

子張が善人…生まれながら道を行うのによい素質を持ちながら、いまだ学んではいない人について質問した。先生がおっしゃった。なにしろ素質があるのだから、道からそう外れたことはしないだろう。しかし過去のすぐれた先人たちの教えをまだ学んでいないのだから、素質があるだけでは、より高い段階に進むことはできない。

語句

■善人 よい素質を持ちながら、いまだ学んでいない人。 ■迹(あと)を踐(ふ)まず 過去の賢人たちが切り開いた道をふまない。 ■室に入らず 奥義に達していない。

前の章「回や其れ庶きか」|次の章「論の篤きに是れ与すれば

現代語訳・朗読:左大臣光永