大なるかな、堯の君たるや

子曰、大哉、堯之爲君也、巍巍乎、唯天爲大、唯堯則之、蕩蕩乎、民無能名焉、巍巍乎、其有成功也、煥乎其有文章、

子の曰わく、大なるかな、堯の君たるや。巍巍として唯だ天を大なりと為す。唯だ堯これに則る。蕩蕩として民能く名づくること無し。巍巍として其れ成功あり。煥として其れ文章あり。

現代語訳

先生がおっしゃった。大きいなあ、尭の君子としての君臨された様は。この世で高大なものといったら天しか無いが、ただ尭だけが、高大さにおいて天と等しかったのだ。尭の統治はのびのびとして、人民はそれを言い表すことができなかったほどだ。堂々とした業績を打ち立て、輝かしい例学制度を作られたのだ。

語句

■巍巍 高大で、堂々としている。 ■則る 等しい。 ■蕩蕩 のびのびしていること。 ■成功 業績。 ■煥 輝かしいこと。 ■文章 礼学制度。

前の章「巍巍たるかな、舜・禹の天下を有てるや」|次の章「周の徳は、其れ至徳

現代語訳・朗読:左大臣光永