民はこれに由らしむべし

子曰、民可使由之、不可使知之、

子の曰わく、民はこれに由らしむべし。これを知らしむべからず。

現代語訳

先生がおっしゃった。人民に対して上がしっかりした行いをして、あのようにしなきゃいかんなと感化を与えることはできるが、こうこうこうすべきだと理屈だけで納得させることはできない。

語句

■之 人の行うべき道。 ■由らしむ より従わせる。 ■知らしむ 理由を知らせる。

前の章「詩に興り、礼に立ち、楽に成る」|次の章「勇を好みて貧しきを疾むは、乱なり

現代語訳・朗読:左大臣光永