子、怪力乱神を語らず

子不語怪力亂神。

子、怪力乱神を語らず。

現代語訳

先生は怪異のことと暴力のことと背徳のことと鬼神のことは語らなかった。(これはら徳から遠ざかる話題であるから)

語句

■怪 怪異。 ■力 暴力。 ■乱 背徳。 ■神 鬼神。

前の章「我は生まれながらにしてこれを知る者に非ず」|次の章「三人行なえば必ず我が師を得

現代語訳・朗読:左大臣光永