我は生まれながらにしてこれを知る者に非ず

子曰、我非生而知之者、好古敏以求之者也、

子の曰わく、
我は生まれながらにしてこれを知る者に非ず。

古(いにしえ)を好み、敏(びん)にして以て
これを求めたる者なり。

現代語訳

先生がおっしゃった。

私は生まれつき道理をわきまえた者というわけではない。
昔からの教えを好み、それを懸命に求めているだけだ。

語句

■敏にして 一生懸命に。

前の章「老いの将に至らんとするを知らず」|次の章「子、怪力乱神を語らず

現代語訳・朗読:左大臣光永