老いの将に至らんとするを知らず

葉公問孔子於子路、子路不対、子曰、女奚不曰、其為人也、発憤忘食、楽以忘憂、不知老之将至也伝爾、

葉公、孔子を子路に問う。子路対えず。

子の曰わく、女奚んぞ曰わざる、
其の人と為りや、憤りを発して食を忘れ、

楽しみて以て憂いを忘れ、
老いの将に至らんとするを知らざるのみと。

現代語訳

楚の葉県(しょうけん)の知事葉公(しょうこう)が、
子路に孔子の人柄を尋ねた。子路は答えなかった。

先生はおっしゃった。
「どうして言わなかったのだ。その人柄たるや、
学問に没頭して気持ちが高ぶると食事も忘れ、

夢中になると楽しくなってきて心配事も忘れ、
やがて老いがやってくるのも知らずにいる、と」

語句

■葉公 楚の葉県(しょうけん)の知事。姓は沈、名は諸梁、字は子高。

音声つきメールマガジン
「左大臣の古典・歴史の名場面」配信中

日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。

いつも使っているメールアドレスを下のボックスに入力して、「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。

↓↓↓↓↓↓



≫詳しくはこちら

現代語訳・朗読:左大臣光永


; ?>