尭舜も其れ猶お諸れを病めり

子貢曰、如能博施於民、而能済衆者、何如、可謂仁乎、子曰、何事於仁、必也聖乎、尭舜其猶病諸、夫仁者己欲立而立人、己欲達而達人、能近取譬、可謂仁之方也已、

子貢が曰わく、如し能く博く民に施して
能く衆を済わば、如何。
仁と謂うべきか。

子の曰わく、何ぞ仁を事とせん。必ずや聖か。
尭舜も其れ猶お諸れを病めり。

夫れ仁者は己れ立たたんと欲して人を立て、
己れ達せんと欲して人を達す。

能く近く取りて譬う。
仁の方と謂うべきのみ。

現代語訳

子貢が質問して言った。
もし広く天下万民に施しを行い、よく
人々を救済すれば、どうでしょう。
それは仁と言っていいのでしょうか。

先生がおっしゃった。
どうして仁どころの話だろう。強いていえば聖だよ。
(よい政治を行った古代の王)尭・舜も、
それができなくて悩まれたのだ。

(そんな高邁なことでなく、身近な
人に対する接し方から改めていくのだ)

そもそも仁者というものは、
自分が立ちたいと思えば人を立たせ、
自分が成し遂げようと思えば人に成し遂げさせる。

他人のことも自分の身にあてはめて考えられる。

こういうのこそ、仁の有り様と言えるだろう。

(このように、身の回りの人に対して仁をもって
接すれば、最終的にはお前の言うような、多くの人に
施し救済することに、つながっていくのだ)

語句

■尭舜

前の章「中庸の徳たるや、其れ至れるかな」|次の章「述べて作らず

現代語訳・朗読:左大臣光永